PEPとは

明日の政策を創る、政策起業家のプラットフォーム

PEP = Policy Entrepreneur’s Platform (政策起業家プラットフォーム)は、政策起業家のコミュニティです。
官僚や政治家だけでは解決できない複雑な政策課題に、政・官・民・学・NGO/NPO等が垣根を越えて協力し、
社会のあらゆる叡智と力を結集し向きあう、新時代にふさわしい、開かれた政策創り、ガバナンス・イノベーションが求められています。
その担い手は「政策起業家」です。

PEPは政策起業家の研究、協働、提携、育成、研修、認知の場を提供し、
政策起業家がインパクトのある政策実現を主導できる環境づくりを目指します。

ミッション

  1. 「政策起業家」とは誰か、というビジョンを示す。
  2. 「政策起業家」の裾野を広げる。
  3. 「政策起業家」が活躍しやすい素地を作る。

沿革

  • 2019年3月

    『シンクタンクとは何か―政策起業力の時代』を出版。

    独立系シンクタンクとしての8年近くの経験をもとに、中央公論新社より船橋洋一理事長が『シンクタンクとは何か―政策起業力の時代』を2019年3月25日付で刊行しました。

  • 2019年5月

    「21世紀日本の政策起業力プロジェクト」立ち上げ。

    「Policy Entrepreneur’s Platform」の前身にあたる「21世紀日本の政策起業力プロジェクト」を立ち上げました。新時代の日本の政策課題解決手法・ガバナンスのイノベーションの実現と、その担い手たる政策プロフェッショナル「政策起業家」のキャリア支援に貢献するため、調査研究やWebでの発信を開始しました。

  • 2019年9月

    「政策起業力シンポジウム2019」を開催。

    「政策起業力シンポジウム2019」を2019年9月9日に東京大学公共政策大学院と共催で実施いたしました。令和時代の政策起業、パブリックキャリアの変容、国際政治における研究者・シンクタンカーの役割などについて、各界の有識者をお招きして議論し、また基調講演として小泉進次郎衆議院議員(講演当時、自由民主党厚生労働部会長)からもお話を頂きました。

  • 2019年11月

    「PEP」発足。

    「21世紀日本の政策起業力プロジェクト」を政策起業家プラットフォームプロジェクトへと発展改組し、
    政策起業家のコミュニティである「PEP (Policy Entrepreneur’s Platform)」が立ち上がりました。

運営コア・メンバー(50音順)

朝比奈一郎

青山社中株式会社 筆頭代表(CEO)/ビジネス・ブレークスルー大学大学院 客員教授

木川眞

ヤマトホールディングス 特別顧問

桑原祐

マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアパートナー東京オフィス

小林りん

ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事

駒崎弘樹

認定NPO法人フローレンス代表理事

塩崎彰久

長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士

須賀千鶴

世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長

藤沢烈

一般社団法人RCF代表理事

松尾豊

東京大学 大学院工学系研究科 教授

協賛

  • ヤマトホールディングス
    株式会社
  • 株式会社 松本
    代表取締役 松本大

    (マネックスグループ代表執行役CEO)

事務局について

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ

アジア太平洋の平和と繁栄を追求し、この地域に自由で開かれた国際秩序を構築するビジョンを描くことを目的とする非営利の独立系シンクタンクです。2011年9月に設立した一般財団法人日本再建イニシアティブ(RJIF)の5年以上の活動を基盤に拡大改組し、第2のステージへ向け2017年7月にスタートしました。

AP Initiative ホームページ

理事長よりご挨拶
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(AP Initiative) は、 2017年7月に前身である一般財団法人日本再建イニシアティブ(RJIF)を発展的に改組して発足しました。 アジア太平洋の平和と繁栄を追求し、この地域に自由で開かれた国際秩序を構築するビジョンを描くことを目的とするフォーラムであり、シンクタンクです。 創設以来一貫して、日本の直面する戦略とガバナンスの課題を探求し、各種の政策提言活動を行っています。
船橋洋一
船橋洋一一般財団法人API理事長
1944年北京生まれ。東京大学教養学部卒。1968年、朝日新聞社入社。朝日新聞社北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て、2007年から2010年12月まで朝日新聞社主筆。米ハーバード大学ニーメンフェロー(1975-76年)、米国際経済研究所客員研究員(1987年)、慶應義塾大学法学博士号取得(1992年)、米コロンビア大学ドナルド・キーン・フェロー(2003年)、米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー(2005-06年)。2013年まで国際危機グループ(ICG)執行理事を務め、三極委員会(Trilateral Commission)のメンバー。2019年より英国国際戦略研究所(IISS)アドバイザーボードメンバー。
向山淳
向山淳一般財団法人APIプログラム・ディレクター
慶應義塾大学法学部政治学科卒業、米ハーバード大学公共政策大学院修了。2006年、三菱商事株式会社へ入社し、主に金融分野で海外政府の民営化資産を対象とした買収や年金運用に携わる。2013年から2015年までカナダ・オンタリオ州公務員年金基金に出向。2016年にボストンでエズラ・ヴォーゲル・ハーバード大学名誉教授の研究助手を務める。2019年国会議員政策担当秘書資格取得。2019年9月より現職。